きさらぎ賞〜回顧

まさかの◎スズカメジャーの落馬。
サトノアーサーが2着型であることは会員の皆さんに申し上げた通り。
もし勝つなら、ゾロ目しかないと申し上げたが、8頭立てにすることにより「ゾロ目の否定」だった。
そして、競走中止戦により、不足型の覇者、アメリカズカップの起用。
落馬により、ゴールしたのは7頭。
サトノアーサーは、恐らくGI級の馬であろう。
次走どこへ向かうか注目である。
的中された皆さん、おめでとうございます!

2月度・3月度の会員募集のご案内です。
昨年の2月度考察は、5戦4勝で大幅プラス計上です。
きさらぎ賞 ◎サトノダイヤモンド 馬単830円的中!(3点予想)
共同通信杯 不的中
フェブラリーS ◎モーニン 馬単1,510円的中!
阪急杯 ◎ミッキーアイル 馬単2,660円的中!
中山記念 ◎ドゥラメンテ 馬単1,110円的中!

昨年のフェブラリーSは、◎モーニンを覇者指名し、馬単1点目的中の完勝でした。
2月度は、私が得意とする世代限定重賞やフェブラリーSもございますので、これを機会にぜひご入会下さい。
実際、オペレーションを具体的かつ解りやすく解説したサイトは他には絶対ないと自負しております。
競馬番組理論に興味をお持ちの方は、ご一緒に【推理ゲーム】を楽しもうではありませんか!

競馬観は180度変わるでしょう。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

根岸S〜馬単本線的中!

根岸Sは◎カフジテイクから単勝・馬単本線的中!
今年の最大の注目点は【春季番組出走歴馬不在の出走構成】
この出走構成は史上初。
これにより、生じることを考えれば、通常では連対できないベストウォーリアの2着連対は必然だったと思う。
そして、今年発見した新理論も含め、考察で挙げた6つの柱は今年も健在。
枠連構造理論
馬連決着構造理論
◎◎◎◎理論
条件型の取捨
オープン型の取捨
ルドルフ超え理論

まさに理論どおりの結果。
的中された皆さん、おめでとうございます!

 

2月度・3月度の会員募集のご案内です。
昨年の2月度考察は、5戦4勝で大幅プラス計上です。
きさらぎ賞 ◎サトノダイヤモンド 馬単830円的中!(3点予想)
共同通信杯 不的中
フェブラリーS ◎モーニン 馬単1,510円的中!
阪急杯 ◎ミッキーアイル 馬単2,660円的中!
中山記念 ◎ドゥラメンテ 馬単1,110円的中!

昨年のフェブラリーSは、◎モーニンを覇者指名し、馬単1点目的中の完勝でした。
2月度は、私が得意とする世代限定重賞やフェブラリーSもございますので、これを機会にぜひご入会下さい。
実際、オペレーションを具体的かつ解りやすく解説したサイトは他には絶対ないと自負しております。
競馬番組理論に興味をお持ちの方は、ご一緒に【推理ゲーム】を楽しもうではありませんか!

競馬観は180度変わるでしょう。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★2月度・3月度の会員募集のご案内★☆★

2月度・3月度の会員募集のご案内です。
昨年の2月度考察は、5戦4勝で大幅プラス計上です。
きさらぎ賞 ◎サトノダイヤモンド 馬単830円的中!(3点予想)
共同通信杯 不的中
フェブラリーS ◎モーニン 馬単1,510円的中!
阪急杯 ◎ミッキーアイル 馬単2,660円的中!
中山記念 ◎ドゥラメンテ 馬単1,110円的中!

昨年のフェブラリーSは、◎モーニンを覇者指名し、馬単1点目的中の完勝でした。
2月度は、私が得意とする世代限定重賞やフェブラリーSもございますので、これを機会にぜひご入会下さい。
実際、オペレーションを具体的かつ解りやすく解説したサイトは他には絶対ないと自負しております。
また、考察で述べた理論のほとんどは、毎年使えるものばかり。
理論が正しいから毎年使えるわけです。
世間のデータ理論で、どれだけのものが毎年使えるでしょうか?
過去10年間、こういう傾向にありますから、今年も傾向どおりならこうなる的なものがありますが、そういった類のものは、「」5あれば、翌年は「1」ぐらいしか使えるものはないでしょう。
当然、予想ですから、馬券を外すこともあります。
例えば、二者択一の理論があり、Aを選択したら答えはBで馬券は外れるようなことはあります。
しかし、理論上は正解であり、この理論は翌年も継続して使えるわけです。
そうした理論は、基本的にグレード制導入(1984年)から全て言えるものばかりです。
(レース等の変更がある場合は、変更年から新しくなるものも多々あり)
過去33年間のデータを分類し、矛盾なく説明できる理論が私が提唱する競馬学なのです。
そして、当サイトの会員さんの7割以上は、5年以上の継続の方ばかりです。
それだけ信頼を得ている証拠でもあります。
競馬番組理論に興味をお持ちの方は入会して、ご一緒に推理ゲームを楽しもうではありませんか!

競馬観は180度変わるでしょう。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

AJCC〜◎タンタアレグリア

何をやっていんだか。(滝汗)
タンタアレグリアに◎を打ちながら、ゼーヴィントとの買い目を消してしまう失態。
初見では1点目の予想だったが、買い目を変更。
1993年
1着ホワイトストーン 菊花賞2着
2着レガシーワールド セントライト記念1着→菊花賞不出走

2017年
1着タンタアレグリア 菊花賞4着
2着ゼーヴィント セントライト記念2着→菊花賞不出走

ゼーヴィントがレガシーワールドを再現する。(あくまで再現性ね)
セントライト記念で優先出走権を持って、本番菊花賞に出走しなかった馬。
これの対極馬が勝つから、相手は5歳の菊花賞組。
上位に挙げた、タンタアレグリア、ゼーヴィント、ミライヘノツバサの3頭での1、2、3着なので、3連単(複)を的中された会員さまもみえるようで。
的中された皆さん、おめでとうございます!

 

本日より2月度の募集です。
ご入会をご検討の方は、これを機会にぜひご入会下さい。
競馬観は180度変わるでしょう。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

京成杯〜◎コマノインパルス

京成杯は、◎コマノインパルスの単勝のみ。
どうもチグハグですねぇ。(汗)
戦歴論的には、コマノインパルスの覇者指名は難易度が高いと思うんですけどね。
なぜなら、過去の「似た者探し」では消してしまう戦歴馬だから。
週初めから、◎コマノインパルスが覇者ではないかと、会員向けダイアリーでは力説しましたが、その通りの結果に。
そして、愛知杯では、マキシマドバリの可能性について触れた。
おかしいと思いませんでした?
愛知杯も京成杯も登録数が17頭で、出走頭数が15頭という点を。
そしてシンザン記念も15頭立て。
以下、会員向けダイアリーで述べた内容。
【ダイアリー、抜粋(原文のまま)】
横の流れ。
シンザン記念→愛知杯→京成杯は同じ15頭立てで統一されているのが気になる。
(愛知杯と京成杯は登録数も同じ)
シンザン記念 1着キョウヘイ 千両賞2着
愛知杯 1着マキシマムドバリ カウントDS2着
京成杯 ?着コマノインパルス 葉牡丹賞2着

3レース共に、直前走・条件戦2着馬を1頭だけ用意。
この流れから、コマノインパルスが勝つと綺麗かと。
【以上、抜粋終わり】
縦(過去)からも、横(当年)からも、◎コマノインパルスが勝つという答え。
私が見逃していたのは、今年だけに生じた出走構成。
レース後気づいているようでは、ダメダメだが、これにより初めての決着性が生じる。
的中された皆さん、おめでとうございます!
的中された皆さん、おめでとうございます!
1月度は、残りアメリカJCC、根岸Sの2レースを考察する予定です。
それから1月度会員様限定に、毎週配布している資料の2016年版(全平場重賞)を無料で配布いたします。(pdfファイル)
画像も高画質となっており、1月度限定となりますので、これを機会にぜひ入手下さい。
(以降、無料配布はいたしません)
ご入会をご検討の方は、これを機会にぜひご入会下さい。
競馬観は180度変わるでしょう。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆