↓クリックのご協力をよろしくお願いいたします。

高松宮記念の考察で、会員制ブログでは次のように書いた。
【以下、原文のまま】
まとめると、
◎レッツゴードンキ
◎〇セイウンコウセイ
〇レッドファルクス

戦歴的によく見えるのは、レッツゴードンキ、セイウンコウセイ、レッドファルクスの3頭。
セイウンコウセイは、〇〇〇の点で2着型にも見えるので、◎と〇の兼用。
また、◎レッツゴードンキが読み違いなら、◎セイウンコウセイが勝つ競馬に思う。
【以上、抜粋終わり】
結果は1着セイウンコウセイ、2着レッゴードンキ、3着レッドファルクス。
同じような研究者でもセイウンコウセイを拾い切れていない人もいる。
そういったことは当然起こる。
なぜなら、すべてが見えている研究者など誰一人いないからである。
この記事を今年会員ではなく、昨年の3月会員だった方も読んでいることだろう。
昨年のダイアリーの記事を読んで、しっかり復習されている方なら、セイウンコウセイは拾えたはず。
同様に、レッツゴードンキもしかり。
もし、拾えていないのなら、情報を全く活かし切れていないということだ。
目先の馬券が外れて文句を言っている人。
そういう人は、考察で述べた記事などストックはしてないだろうし、復習も全くやっていない人だと思う。
まあ、そういう人は、どんな有意義な情報も無駄にして、永遠に勝ち組にはなれないだろう。
4月度のご利用開始は、4月3日(月)からですのでお間違いのないようによろしくお願いいたします

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆