朝日杯FS〜回顧

  • 2014.12.22 Monday
  • 00:01

よくもまあ、阪神JFと同じ失敗をするものだと呆れた。(汗)
会員向けダイアリーの考察内容を一部掲載しよう。

【会員向けダイアリーの考察(1)の内容を抜粋】

今年から阪神競馬場に移動した朝日杯FS。
阪神JFとセットになったことからも、阪神JFと同様の事をやってくると考えられる。

阪神JF
1着ショウナンアデラ からまつ賞1着
2着レッツゴードンキ アルテミスS2着


朝日杯FSでも想定できる決着性として、偏ったものはないであろう。
今年のチャンピオンズCでも、地方のルートと中央のルートでの決着性であったが、初年度ゆえに、2つの異なるルートからの連対馬を選抜するはずである。

その中で、朝日杯FSで連対馬の一頭として考えられるルートは、

『ご当地2歳S重賞+ステップ戦』

これは、阪神JFの考察でも述べたが、今年からご当地2歳S重賞が[地]馬のステップ戦から外れたことにより、ご当地2歳S重賞を使った馬は、ステップ戦を経由することを義務付けるメッセージである。

レッツゴードンキ 新馬1着→札幌2歳S3着→アルテミスS2着(1番人気)

朝日杯FSでも『ご当地2歳S重賞+ステップ戦』を使った馬が連対馬の一頭となるはず。

アクティブミノル 新馬1着→函館2歳S1着→京王杯2歳S6着(3番人気)
アルママイオリ 新馬1着→札幌2歳S6着→もみじS1着→デイリー杯2歳S4着(3番人気)
セカンドテーブル 新馬1着→小倉2歳S7着→京王杯2歳S1着(11番人気)
ナヴィオン 新馬1着→新潟2歳S6着→ききょうS1着→デイリー杯2歳S3着(1番人気)
ワキノヒビキ 未勝利1着→ダリア賞1着→新潟2歳S8着→もみじS2着→京王杯2歳S7着(2番人気)


この5頭の中に連対馬の一頭がいる。

【会員向けダイアリーの考察(2)の内容を抜粋】

阪神JFは考察(1)と(2)の内容がズバリであったことから、朝日杯FSでも類似したことをやってくると考えられる。

まず、◎◎◎◎◎という観点。
阪神JFの1着馬ショウナンアデラと同タイプの馬はダノンプラチナ。

ショウナンアデラ 新馬2着(1番人気)→未勝利1着(1番人気)→からまつ賞1着(1番人気)
ダノンプラチナ 新馬2着(1番人気)→未勝利1着(1番人気)→ベゴニア賞1着(1番人気)


騎手も蛯名でちょっと出来過ぎの感もするが、直接、間接も含め、ダノンプラチナの枠には注意が必要だと思う。
今年は、阪神JFには変更がなく、朝日杯FSだけが変更された年度という点で、1991年のミホノブルボンが意識される。

ミホノブルボン 新馬1着(1番人気)→500万下1着(1番人気)東京1600m

ミホノブルボンの勝利した500万条件は、◎◎◎◎◎戦。
連れてきた相手は、京成杯3歳S1着のヤマニンミラクル。
阪神JFの考察(2)で述べた内容と同様の決着となっている。

そして、今年のマイルGIは「ダノンの枠」が1着枠を構成。

フェブラリーS 1着同枠ダノンカモン
安田記念 1着同枠ダノンシャーク
マイルCS 1着ダノンシャーク
阪神JF 1着同枠ダノングラシアス


以上、抜粋。

この考察(1)と(2)の内容だけで、朝日杯FSは「普通に」的中できる。
デイリー杯組を使うとも述べているので、ダノンプラチナから、アルマワイオリとナヴィオンの2点でOKだったわけで。

的中された皆さん、おめでとうございます!
会員の中には、私の考察を参考にして、秋季GIパーフェクト的中の方もみえるよう。(凄いの一言)
やはり、競馬で重要なのは最後は買い方。
理論はそれなりの域には達しているわけで。
あとは、もっているロジックの中でどの引き出しを引っ張り出してくるか?
これに尽きる。

今週からは、1月度の会員募集となります。
12月は有馬記念がありますので、12月も引き続き募集いたします。(メッセージに12月か1月かを明記して下さい)
本物のオペレーション解読を学べるのは当サイトしかないと自負しておりますので、これを機会にご入会頂ければと思います。
1月は、京都金杯、シンザン記念、京成杯、アメリカJCCの4レースを予定しております。
今までの競馬の見方が大きく変化することは間違いないでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
会員制BLOG『異邦人の競馬学』では1月度の会員を募集いたします。

ご入会を希望される方は、ご利用月を明記の上、「利用規約」を読んでからご入会下さい。

また、ご入会後、当サイトで知り得た情報は、いかなる理由でも口外することを禁止しています。
また、競馬関係のホームページやブログなどを運営している方の入会はお断りしております。

それから、携帯電話でお申し込みの方でメールが送信できない方がみえます。
恐らく、パソコンのメールアドレスの受信拒否、URL付きメールの受信拒否をされていると思いますが、携帯電話からお申し込みされる方は設定をご確認下さい。 PCからのお申し込みはホームページ『聖域への挑戦』のお申し込みフォームからでもお申込みできます。
 「お申し込みフォーム」はコチラ♪

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM